在宅での終夜睡眠ポリソムノグラフィー検査(PSG検査)は。入院に比べ時間的にも費用的にも自己負担が少ないメリットがある。

スポンサーリンク

朗報!在宅でも終夜睡眠ポリソムノグラフィー検査(PSG検査)が受けられます。

終夜睡眠ポリソムノグラフィー検査(PSG検査)

 

終夜睡眠ポリソムノグラフィー検査(PSG検査)は、睡眠状態をトータルに評価する検査です。

 

睡眠時無呼吸症候群をはじめ、ナルコレプシーなどの睡眠障害の診断に必要不可欠なものになります。

 

眠りの深さや睡眠の質など「睡眠状態」と睡眠中の「呼吸状態」を多方面から睡眠状態を測ります。

 

準備も結構大がかりで、全身に電極やセンサーをつけて検査する精密検査になります。(※詳しくは、「睡眠時無呼吸症候群の検査」を参照ください。)

 

パルスオキシメーターによる簡易検査

 

パルスオキシメーターによる簡易検査もありますが、呼吸停止の自覚症状があるなど、睡眠時無呼吸症候群である可能性が高い方は、初めから精密検査の実施を勧められます。

 

以前は、睡眠時無呼吸症候群の疑われた場合、終夜睡眠ポリソムノグラフィー検査(PSG検査)を受けるには病院に一泊入院して実施する方法しか選択肢がありませんでした。

 

私の場合も「精密検査=入院」での検査でしたね。

 

やはり一泊とはいえ、入院が必要となると聞くと、時間的にも費用的にもちょっとしりごみする方が多いのではないでしょうか?

 

しかし、最近では在宅で専用の睡眠検査キットを使用して自宅にいながら終夜睡眠ポリソムノグラフィー検査(PSG検査)ができる専門医院が増えてきているようです。

 

そこで、在宅で受けられる終夜睡眠ポリソムノグラフィー検査(PSG検査)について説明したいと思います。


在宅での終夜睡眠ポリソムノグラフィー検査(PSG検査)の内容は?

在宅での終夜睡眠ポリソムノグラフィー検査(PSG検査)の内容

 

在宅で専用の睡眠検査キットを使用して、脳波・眼球運動、呼吸、呼吸努力、腹式呼吸努力、いびき、酸素飽和度、脈拍数、おとがい筋電図、体位、体動などの測定を行います。

 

キット内のメモリーに睡眠データーが記録され、そのデータをもとに睡眠専門の臨床検査技師が解析を行うことになります。

 

今まで入院で行われていた内容に匹敵する検査が在宅でもできるようになりました。

 

在宅での終夜睡眠ポリソムノグラフィー検査(PSG検査)の費用は約12,000円〜

 

健康保険が適用されますので、3割の自己負担で費用は約12,000円〜ほどになります。

 

一泊入院しての終夜PSG精密検査の場合の費用は、やはり約30,000円〜ぐらいかかりますので、だいぶ安く済みますね。

 

ただし、医療機関によって金額や検査項目の違いもあるので、実際に検査を受けられる場合は、個別に確認した方が良いですね。

 

検査結果で、「無呼吸低呼吸指数=AHI」スコアが、中等症の20以上でCPAP(シーパップ)療法の対象となります。

 

(※詳しくは、「睡眠時無呼吸症候群の診断基準」を参照ください。)

在宅で終夜睡眠ポリソムノグラフィー検査(PSG検査)はどうやったら受けれるのか?

在宅終夜PSG検査の主な流れ

 

在宅終夜睡眠ポリソムノグラフィー検査(PSG検査)は、簡易検査やクリニックでも診察を行ってもらい、睡眠時無呼吸症候群が疑われた方が対象となります。

 

なので、いきなり受けたいから検査機器送付して欲しいといっても通用しません。

 

検査を受けたい方は、まずはお近くの耳鼻咽喉科や専門医に直接連絡して詳細を聞いてみてください。

 

【在宅終夜PSG検査の主な流れ】

 

1. 医師の診察により、睡眠時無呼吸症候群が疑われると判断される

 

2. 在宅終夜睡眠ポリソムノグラフィー検査(PSG検査)を申し込む

 

3. 後日、自宅に送られる検査機器を受け取る(通常1−2週間程度)

 

4. 検査機器を使って自宅で検査実施する

 

5. 検査終了後、指定機関へ検査機器の返送する

 

6. 返却後、約2週後で検査結果判明するので、担当医師へ再受診する

約2週後で検査結果判明するので、担当医師へ再受診する

 

結果次第では、睡眠時無呼吸症候群と判定されて、CPAPなどの治療を勧められることになります。

 

私の場合は入院での精密検査でしたが、AHI無呼吸スコア結果が「30.3」だっため中症度の睡眠時無呼吸症候群と診断されました。

 

(※詳しくは、「私の睡眠時無呼吸症候群検査結果レポート」を参照ください。)

 


在宅終夜睡眠ポリソムノグラフィー検査(PSG検査)のメリット・デメリット

在宅終夜睡眠ポリソムノグラフィー検査(PSG検査)のメリット・デメリット

 

このように在宅にて、入院時の精密検査同等の測定が出来るようになります。

 

検査機器が自宅へ郵送されるので、時間的にも融通が利きますし、費用的にも入院での検査に比べて自己負担が少なく実施することができます。

 

●在宅PSG検査のメリット

・仕事や育児などで忙しい方も検査が受けられる

 

・自宅での検査のため、日程調整に融通が利く

 

・自宅の寝具を使用できるため、普段の睡眠状態を正確に評価できる

 

・入院での検査に比べて費用の自己負担が少なく実施できる

 

・小さな子供でも普段の環境で精密検査を受けられる

 

●在宅PSG検査のデメリット

・入院時と比べ、センサーの外れなど、検査エラー増える可能性がある

 

・被験者に検査機器の操作能力が、ある一定程度求められる

睡眠時無呼吸症候群が気になるけど検査入院はしたくない方

 

当時在宅での終夜睡眠ポリソムノグラフィー検査(PSG検査)が可能であったら、間違いなく選んでいますね。

 

センサー類の設置など、自分で行うわずらわしさはあるものの、普段の環境下で睡眠できることで普段の睡眠状態が検査できるのも良いと思います。

 

病院に宿泊するのってやっぱり気が進みませんしね!

 

ということで、睡眠時無呼吸症候群が気になるけど検査入院はしたくない方は、在宅検査を実施している専門医などを探してみるをお勧めします。

スポンサーリンク