テレビをつけたまま寝るのはダメ?間違いだらけ6つ睡眠習慣のリスクと対策

スポンサーリンク

テレビをつけたまま寝るのはダメ?間違いだらけ6つ睡眠習慣のリスクと対策

寝るのが楽しくて仕方ない
季節の中で、秋が一番好きという人も多くいるのではないでしょうか。

 

暑い夏もおわり涼しくなる季節は眠りやすくなる季節ですよね。

 

夜も長くなり、寝るのが楽しくて仕方ないのが本音なのではないでしょうか?

 

特に、睡眠時無呼吸症を患う人にとっては、寝苦しくいつも眠たい夏がようやく去ったという感じですね。

 

でも、良いと思って普段行っている睡眠習慣の中でも、実際は間違っていることって結構あるんですよ。

 

そこで、今回は秋の夜長の熟睡を妨げる疑わしい6つ睡眠習慣のリスクと対策をご紹介いたします。

間違った睡眠習慣その1〜明かりやテレビをつけたまま寝る

テレビをつけたまま寝る

 

寝る直前までスマホをいじっていることは睡眠に良くないですよね。

 

ブルーライトが交感神経を刺激することでますます眠りにくくなる傾向があることはご存じでしょうか?

 

ブルーライトを見続けていると、身体が錯覚をお越し、眠りに必要なメラトニンの分泌量が低下します

 

ブルーライトを見続けていると、身体が錯覚をお越し、眠りに必要なメラトニンの分泌量が低下します。

 

同じ現象が、明かりやテレビをつけたまま寝ることにも起こります。

 

入眠時だけでなく、睡眠後も深い睡眠を得るまでに時間がかかる傾向にあります。

 

また、途中で覚醒するリスクが高まります

 

対策としては、あたり前ですが、テレビは消して寝ることと、寝床にスマホを持ちこまないことです。

 

照明に関しては、最小限に抑えるように心がけましょう。


間違った睡眠習慣その2〜不衛生な布団や掃除をしない部屋で寝る

シーツを2週間交換しないでおくと数千匹ものダニが付着する

 

お部屋の環境は、睡眠質と密接に関係します。

 

質問ですが、みなさんは1週間に何回シーツを交換しますか?

 

毎日?2日に1回?それとも1週間に1回?

 

中には、万年床でずっと交換しないという人もいるかと思います。

 

実は、シーツを2週間交換しないでおくと数千匹ものダニが付着していることが分っています。
ましてや、高温多湿の布団の中になると数は膨大。

 

人は睡眠中にコップ1杯の汗をかくと言われています

 

実際、人は睡眠中にコップ1杯の汗をかくと言われていますので、布団やシーツに汗が染みこむことになります。

 

数万匹から数十万匹ものダニが潜んでいることもまれではありません。

 

ダニやほこりは、アレルギーの原因にもなりますし呼吸への障害にもなりかねません。
これでは、深い睡眠を得ることができませんよね。

 

天気の良い日には布団を干したり、まめにシーツや枕カバーを替えて清潔にすることが大切です。

間違った睡眠習慣その3〜寝る前にお酒を飲んで寝る

寝酒はおススメできません

 

寝る前にお酒一杯飲むことはリラックス効果がありますし、確かに気持ち良くなりますよね。

 

しかし、寝酒はおススメできません。
寝起きもスッキリしないことが多いですよね。

 

お酒は睡眠の質を低下させることがあっても、高めることは決してありません。

 

また、喉の筋肉の弛緩を促すことで、無呼吸や低呼吸の数が明らかに増加することで無呼吸症状を悪化させる原因にもなります。

 

詳しくは、「アルコールはいびきや睡眠時無呼吸症を悪化させる」で紹介している」のでぜひチェックしてみてください。


間違った睡眠習慣その4〜食べてすぐ寝る

食べてすぐ寝る習慣もNG
食べてすぐ寝る習慣もNGですね。悪しき習慣です。

 

通常、食物が胃に入って消化されるまで2-3時間かかります。

 

すると胃や腸の消化器官から脳にも信号が伝わり覚醒状態になります。

 

いつまでたっても脳が休めず眠りも浅くなりやすくなるわけです。

 

寝る前に食べる、食べてすぐ寝ることの習慣は肥満にもつながります

 

また、寝る前に食べる、食べてすぐ寝ることの習慣は肥満にもつながります。

 

本来、体を休める時間帯にに血糖値を高めインシュリンを大量に放出させるわかですから、脂肪が付きやすく吸収されやすくなります

 

肥満が慢性的な眠気とも関連しており、

 

夜寝る前に食べる→脂肪が吸収されやすくなる→肥満になる→慢性的な眠気

 

といった負のスパイラルに陥ってしまいます。

 

寝る前は、お酒はもちろん食事が消化されてお腹が空でるのがが望ましい状態です。

間違った睡眠習慣その5〜枕を使わないで寝る

ストレートネック
スマホやパソコンの普及により、いわゆるストレートネックや姿勢のゆがみは常に問題になっています。

 

ストレートネックとは、前傾姿勢を続けたことで頸椎が真っ直ぐになり顔や頭が前に出た状態を示します。

 

ストレートネック対策という意味でも寝る姿勢も大切ですよね。

 

中でも、一番身近な寝具として思いつく重要アイテムは枕です。

 

枕が高すぎるとクビを痛めやすいですし、筋肉が緊張してしまい血行不良になりがちです。
首を疲れさせてしまうことで肩のこりの原因になります。

 

首を疲れさせてしまうことは肩のこりの原因

 

では、枕を使わずに平らな所で寝るのはどうなのでしょうか?

 

首がリラックスしているはずと思いきや以外にそうでもありません。

 

枕を使わないで寝ると、寝返りが打てないので寝ている間はずっと同じ体勢のままになりがちです。

 

また、硬いところに頭を乗せた状態だとアゴが引けて喉がつまるような姿勢になりますので、平らなところで寝ることはおススメできません。

 

それだけ自分にあった「枕」選びは重要です。

 

サイト内でも睡眠時無呼吸症候群向けおすすめ「枕」を紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

 

どうしても、「自分にあう枕が無い」「お金を掛けたくない」という方に簡単おススメの方法があります。

 

家にあるバスタオルを丸く巻くだけでOK!あとは、首の下にいれるように寝ることダケ。

 

バスタオルを丸く巻くだけ

 

首の下にいれるように寝ることダケ

 

自分も実施していますが、なかなか気持ちがいいですよ!
タオルは毎日洗えば良いですし、お金もかかりません。

 

日頃実践している「口テープ」同様なかなか侮れない睡眠アイテムだと思います。

 

※参考:睡眠時無呼吸症の対策7〜口呼吸を防止する方法!口テープを張る


間違った睡眠習慣その6〜裸で寝る

裸で寝る
普段は、下着やパジャマを着て寝る人が多いかと思います。

 

女性は、ブラジャーは外してパンツだけは履くという人も多いのではないでしょうか?
裸で寝ることが良いという人も結構います。

 

何も付けてないという解放感からリラックスできますよね。

 

裸で寝ることは締め付けがなくなることで、血液循環がよくなり健康に良いという考え方もあります。

 

裸で寝ることは、お腹を冷やすことになる

 

しかし、裸で寝ることは、やはりお腹を冷やすことになります

 

特に女性は冷え症の方が多いので、一般的に裸で寝ることはおススメできません。

 

体温が一度下がると免疫力が3割も低下すると言われています。

 

つまり、裸で寝ることで、風邪を引きやすくなったり、体調を崩しやすくなっては意味がないですよね。。

 

何事も慣れが必要ですか、裸で寝ることは向き不向きはある寝方です。

間違った睡眠習慣〜まとめ

間違った睡眠習慣は睡眠時無呼吸症を悪化させる
いかがでしたでしょうか?

 

睡眠時無呼吸症の人に限らず、何気ない睡眠習慣にも意外にリスクが潜んでいます

 

リラックスして寝てるので、多少間違っていても良いのでは?という意見もありますが、無理に意地を張る必要もありませんよね

 

特に季節の移り変わりの時期は、体調を崩しやすくまた風邪などを引きやすくなります

 

良質な睡眠習慣を身に着けたいものですね。

スポンサーリンク