睡眠時無呼吸症候群の検査は、簡易検査と精密検査(睡眠ポリソムノグラフィー検査)がある。

スポンサーリンク

睡眠時無呼吸症候群の検査

睡眠時無呼吸症候群の診察は、睡眠時無呼吸の専門外来があるクリニックで受診することをお勧め致します。


睡眠専門の病院もありますし、総合病院では耳鼻咽喉の中に睡眠外来が併設されていることもありますので、まずはお近くの病院で聞いてみると良いと思います。


私の場合は、自宅近くで「地名+睡眠時無呼吸検査」と検索して、病院を見付けました。


ネットで探した、比較的近所の総合病院内の睡眠外来で診療して頂きました。

 

専門医に受診

睡眠時無呼吸症候群の診察

実際の診察では、問診票といびきや睡眠に関する気になる症状などを話し、担当の先生の診察を受けます。


もともと鼻炎の症状があったため、細いファイバースコープで鼻の気道やのどの気道も見てもらいましたが、特に気道の大きさは問題ないとのことでした。
ファイバースコープ


睡眠中に呼吸が止まっていた家族の証言や日中眠たいことがあると先生に相談したところ、睡眠時無呼吸症候群を判断する上で、以下の2つの検査があることを説明してくれました。


睡眠時無呼吸症候群の検査の種類

簡易検査〜パルスオキシメーター


手の指にパルスオキシメーターという簡易型のセンサーを取り付け、睡眠中の酸素飽和度(SpO2)と脈拍数を計測する方法です。


パルスオキシメーター
画像引用:https://goo.gl/2enbNo


パルスオキシメーターでの検査では、睡眠時の酸素飽和度(SpO2)を記録して、酸素飽和度が低下する回数や時間を測定します。

主に、睡眠時無呼吸症候群の可能性を調べるスクリーニング検査です。


写真からもわかるゆに脈拍と指の血流を計るだけなので、自宅で普段通りの生活の中で実施出来るので、比較的リラックスした状態で受けるメリットがあります。

 

精密検査〜ポリソムノグラフィー


こちらは、病院に1泊して実施する精密検査です。一般的には終夜睡眠ポリソムノグラフィー検査(Polysomnography   PSG)と呼ばれているものです。


ちなみに家族の証言や自覚症状などから初めから精密検査を勧められました。


※詳しい内容は、終夜睡眠ポリソムノグラフィー検査とは?を参考にして下さい。

 

全身センサー

 

終夜睡眠ポリソムノグラフィー検査では、眠りの深さや睡眠の質など「睡眠状態」睡眠中の「呼吸状態」を多方面から測るため全身に電極やセンサーをつけて検査するとのこと。

睡眠中の詳しいデータを取るためには睡眠ポリソムノグラフィー検査が必要

先生の意見では、睡眠状態に関する詳しいデータを取るためには、精密検査である睡眠ポリソムノグラフィー検査が必要だそうです。


実際に、パルスオキシメーターを使った簡易検査で、睡眠時無呼吸症候群の可能性ありと判断されるケースも多いそうです。


そうすると、結局の精密検査を実施しなければならないとのこと。


睡眠時無呼吸検査比較


二度手間になっては、お金も時間ももったいないので、やはり精密検査である睡眠ポリソムノグラフィー検査をお願いすることにしました。

スポンサーリンク