睡眠時無呼吸症候群の診断は「無呼吸」と「低呼吸」の合計で判断

スポンサーリンク

睡眠時無呼吸症候群の診断基準

睡眠時無呼吸症候群の診断は先ほどの睡眠ポリソムノグラフィー検査の結果を基に行われます。
ちなみに無呼吸は、

 

・1回10秒以上呼吸が停止・・「無呼吸」

 

・呼吸の量が50%以下に低下・・「低呼吸」

 

と定義され、1時間の睡眠中に「無呼吸」と「低呼吸」を足した合計が1時間に5回以上もしくは一晩7時間に30回以上ある場合に睡眠時無呼吸症候群と診断されます。


この数値を「無呼吸低呼吸指数=AHI(Apnea Hypopnea Index)」と呼びます。

AHI=(無呼吸数+低呼吸数)÷睡眠時間


AHIという言葉は、検査結果はもちろん、睡眠時無呼吸症の資料などにもよく出てきます。


このAHI指数を基準に、睡眠時無呼吸症候群の症状を「軽症」「中症」「重症」の3つに分けます。


無呼吸でのストレスイメージ

 

 

睡眠時無呼吸症候群3つの症状〜「軽症」「中症」「重症」

睡眠1時間に「無呼吸」と「低呼吸」の回数による症状レベルは

 

無呼吸低呼吸指数(AHI)


・ 5回以上15回未満「軽症

 

・15回以上30回未満「中症

 

・30回以上ある場合「重症

 

と一般的に判定されます。

 


「無呼吸」については、「睡眠中に呼吸が停止してること」とまあ、容易に理解できるのですが、「低呼吸」という言葉は、あまりなじみが無くなかなか分かりにくい概念かと思います。


この「低呼吸」は、呼吸による換気が10秒以上50%以下に低下することで「血中の酸素飽和度が3〜4%以上低下した状態」もしくは「睡眠から覚醒を伴う状態」になることを示します。


睡眠時無呼吸症候群3つの症状〜「軽症」「中症」「重症」


ちなみに、いびき=睡眠時無呼吸症ということでもなく上記のスコアが「軽症」の場合は特に治療は必要ないとのこと

もっともいびき自体が嫌ですけどね^^;

スポンサーリンク