いつも眠たい方へ〜睡眠時無呼吸症候群の実レポート

スポンサーリンク

睡眠時無呼吸症候群の人は「がん」になりやすい!?

先日のネットニュースでも話題になっていましたが、睡眠時無呼吸症候群とがんの関係です。


睡眠時無呼吸症候群(SAS サス)により「がんを発症するリスクが4.8倍にもなる」という衝撃の内容でした。

睡眠時無呼吸症候群(SAS サス)によりがんを発症するリスクが4.8倍にもなる


the University of Wisconsin?Madisonの内科医・疫学者による研究によると、「睡眠時無呼吸症候群」がガンのリスクに対して強い関係性があると発表しています。


睡眠時無呼吸は、睡眠を妨げるだけではなく、細胞に必要とされる酸素を奪うことになります(低酸素状態に陥るのです)。

20年間に及ぶ研究によると、無呼吸によるガンのリスクは、なんと4倍以上。


マウスによる実験では、通常時に比べ、低酸素状態が続いたマウスの方が皮膚ガンの成長が速く進行しました。


また、1522人の参加者(30代〜60代)による1990年代初めから始まった実験では、当初から激しい睡眠時無呼吸症候群を持っていた人たちが59名いたのですが、2011年11月末までに、他の参加者に比べ4.8倍の確率でガン関連の疾病が原因で亡くなっています。


記事引用:Be&Doウエルネスブログより

睡眠時無呼吸症においては女性のほうが男性より「がん」になりやすい

海外で論文に投稿されている調査において、睡眠時無呼吸症候群の女性は、男性よりがんと診断される可能性が高いことが発表されました。

 

内容によると研究者らは、睡眠時無呼吸症患者を対象とした欧州睡眠時無呼吸データベースに含まれる19,556人のデータを分析し、無呼吸症の重症度、低血中酸素濃度およびがん発症の関連性を探ったとのこと。

 

それによると、一般的に「日中の眠気」「いびき」「夜間の呼吸停止」など典型的な睡眠時無呼吸症の症状は男性でより多く見られます。

 

私を含め多くの男性はそうですよね。

 

疲労

 

しかし、それらの症状以外に「疲労」「不眠」「うつ」「頭痛」のような睡眠時無呼吸症症候群と直接関係がないような症状が女性でより顕著にみられたとのこと。

 

最も多かった種類のがんは、女性では「乳がん」であり、男性では「前立腺がん」であったとのこと。

 

もっとんもがんの割合は、参加者のうち女性の2.8%、男性の1.7%という低い数字ではありますので、「睡眠時無呼吸症候群=がんの原因」と言い切ることができませんよね。

 

しかし、調査結果にたいして研究者は「睡眠時無呼吸症の重症度はがんの診断と関連があることが示されているのは事実であり、これらの所見を確認するにはさらなる研究が必要ですが、女性のがんの指標となる可能性があります。」と述べています。




「がん細胞」の数は1日数千個も発生する

ぐっすり眠ることが、体のもつ免疫力を高めることはみなさんも知っていることかと思います。


しかし、睡眠時無呼吸症にが原因で低酸素状態での浅い眠りが続くことがその働きを弱めることになります。

日中に発生した過剰な活性酸素などにより傷ついた細胞や遺伝子の修復は睡眠時に活発に行われます。

細胞や遺伝子の修復は睡眠時に活発に行われる
【細胞や遺伝子の修復は睡眠時に活発に行われる】

 

風邪、インフルエンザの場合はもちろん、体調不良や疲れた症状など眠ってしっかりと体を休めることはとても重要です。


免疫細胞の機能を高め、その体の回復が行われるからです。

 

一方、私たちの日常生活において発生する「がん細胞」の数は1日数千個とも言われます。

ただし、免疫力が正常に働いていれば、白血球を中心とした「免疫細胞」の活躍により死滅してしまうので問題ありません。



特に、がんを攻撃する細胞は、ナチュラルキラー細胞(NK細胞)と呼ばれており、24時間365日体の中をパトロールしているわけです。


がんを攻撃するナチュラルキラー細胞(NK細胞)
画像引用:https://goo.gl/xh5Wem
【がんを攻撃するナチュラルキラー細胞(NK細胞)】

睡眠時無呼吸症候群で免疫力が低下し、がん細胞が増殖。

しかし、睡眠時無呼吸症候群等の睡眠障害により、満足な睡眠が取れないため体を守る要となる免疫力にも影響を与えることになります。


慢性的な睡眠不足や疲労などが蓄積していくとおのぞと免疫力が低下して、がん細胞を殺すはたらきも弱まります。

慢性的な睡眠不足や疲労の蓄積は免疫力低下の原因
【慢性的な睡眠不足は免疫力低下の原因】


体内に侵入した細菌を攻撃したり、がんを感知して取り込んだりする免疫機能の中でも真っ先に駆けつけるのがナチュラルキラーNK細胞です。


NK細胞は細菌やウイルスなどが侵入するリスクが高い日中に活発に活動します。


逆に休息の時間となる夜はその活動力を低下させます。


睡眠時無呼吸症による睡眠不足に陥ると、NK細胞も活動力を低下させ免疫力も弱まってしまうわけです。


すると、必然的に病気かかりやすくなったり、がん細胞が増殖する確率も高くなるということになります。

スポンサーリンク