睡眠時無呼吸症候群の対策で、就寝前のアルコール飲酒を控える。

スポンサーリンク

睡眠時無呼吸症の対策2〜就寝前のアルコール飲酒を控える

就寝前のアルコールは、いびきや睡眠中の無呼吸を悪化させることがあるそうです。理由はアルコールで気道の筋力が低下するため、閉塞が引き起こしやすくなるからとのこと。

やはり、就寝直前の飲酒や深酒を避ける必要があります。

 

深酒禁止

 

 

最初は、少量であっても徐々に慣れてきてたくさん摂取しなければ寝れなくなるという依存性をアルコールは持っています。


アルコールがいかにいびきや睡眠時無呼吸症を悪化させるかを詳しく解説しておりますので、そちらをぜひ参考にしてください。


なので飲酒は軽めに抑えるように心がけております。

ただ、自分自身もお酒は好きですし、無理やり禁酒することで、ストレスやイライラなどを感じても逆効果になりかねないのでほどほどにするのが良いですよね。

 

睡眠時間を確保しましょう!

また、睡眠時無呼吸症候群の方に睡眠時間をきちんと確保することによって日中の眠気が軽減されることがあるそうです。


健康な人でも長い間の睡眠不足が続くと昼中に睡魔に襲われたり、何も良いことがありません。

 

また、そもそも睡眠時間が短いことが肥満や高血圧の原因となる場合もあります。
なので、眠たくなったら少しの時間でも思い切って昼寝をするのも良いと思います。
断然リラックスできますよね。

 

昼寝

 

睡眠時間が短いとホルモンバランスを崩してしまい、空腹に対して鈍感になることで結果的に食事の量が増えるなどの悪影響を与えるからなのです。

睡眠が上手く取れないと血圧は高いまま

血圧に関して言えば、一般的に起きている間より寝ている間のほうが血圧は低くなります。

 

血圧計

 

起きている間、比較的高い圧力が掛かり、疲れ、傷ついた血管は睡眠中に修復されているのです。

従って、睡眠が上手く取れないと血管も休まらない=血圧も高いままという悪循環になります。

 

睡眠リズム

 

一般的に6〜7時間の睡眠時間を規則正しくとることが望ましいとされていますので、私の場合は平日は出来るだけ夜更かししないようにしています。

睡眠時間は個人差が多いと思いますので、自分にあった睡眠のリズムをつかむことが大切ですね。

スポンサーリンク