終夜睡眠ポリソムノグラフィー検査は、睡眠時無呼吸症候群に必須の精密検査で、睡眠状態を総合的に解析評価する。

スポンサーリンク

終夜睡眠ポリソムノグラフィー検査とは?

この終夜睡眠ポリソムノグラフィー検査は、睡眠状態をトータルに評価する検査です。


睡眠時無呼吸症候群をはじめ、ナルコレプシーなどの睡眠障害の診断に必要不可欠なものになります。


簡易検査の項目であるいびきや呼吸状態はもちろん、脳波・心電図・筋電図・眼球運動なども測定します。


精密検査イメージ


睡眠時無呼吸症候群の疑いがある場合に、酸素飽和濃度、睡眠ステージ、覚醒反応の有無、睡眠構築、体位などのデータをもとに睡眠を総合的に解析する検査です。


具体的には、睡眠中の脳波、血中酸素量、心電図、気管内の空気の流れ、眼球の動き、あごの筋肉の動き、胸部や腹部の動きなどを体に取り付けたセンサーによって観察します。


睡眠ポリソムノグラフィー検査の項目
画像引用:https://goo.gl/UrWD7z



【終夜睡眠ポリソムノグラフィー検査項目】

【脳波】睡眠の深さを判定

 

【眼球運動】ノンレム睡眠・レム睡眠の判定

 

【心電図】無呼吸による心拍や不整脈の判定

 

【パルスオキシメーター】無呼吸による酸素濃度測定

 

【あご筋電図】睡眠状態を判定

 

【下肢筋電図】足ムズムズなどの睡眠妨害の判定

 

【気流】鼻及び口からの呼吸の判定

 

【呼吸】 腹部・胸部の呼吸時の喚起運動の調判定

 

【体位】 睡眠中の判定

 

【いびき】 睡眠中のいびき回数の判定

睡眠ポリソムノグラフィー検査の準備

測定の時間は夜20時から朝6時までが対象でした。検査開始までの流れを簡単に説明します。


・検査当日17時までに病院到着

 

・着替え・シャワー及び夕食

 

・電極及びセンサーを取り付け

 

・通電テスト

 

・セットアップ完了

 

となります。

電極及びセンサーの取り付けからセット完了まで、ざっと30分ぐらいでしょうか?


2人の担当の方が、テキパキとセットしてくださいました。

ポリソグラフィ―検査
写真のようなイメージですが、想像以上に身動きがとれません

しかも、頭につけたセンサーが取れないようにきつめのネットを頭にかぶせられました。


これなら、簡易式の検査をするんだっとと、ちょっぴり後悔。

そう思っても、後の祭りですね。


もちろん、個人差や病院によってセットする装置の差はあると思いますが、トイレに自由に行けないことがとても不便でした。

スポンサーリンク