子供が朝起きれない原因は寝不足や睡眠の質の低下、無呼症などの他に実は起床時に問題を解く対策法があります。

スポンサーリンク

毎日起こすのが大変!朝起きれない子供の原因と対策法について

学校にいかなければいけないに「子供がなかなか朝起きない」と悩んでいるお母さんも多いと聞きます。


ぎりぎりまで寝ていたい子供の気持ちも良く分かりますが、毎日のことになると家族は大変ですよ。


実際、起きない子供を起こさなければならないお母さんの毎日のストレスも少なくありません!


朝寝坊する子供


もしかしすると、朝起きるれないのは、子供の「睡眠」そのものに原因があるかもしれません。


朝起きれない原因のひとつに“眠りの質”悪化していることが考えられます。


私達の子どものころは夕方暗くなるまで外で遊んで、お風呂入って夕食後9時すぎには眠くて起きていられないなんてことよくあったかと思います。


でも、今の子どもは違いますよね。

外で遊ぶことはあまりぜずに、学習塾や習い事に通ったりしてなかなか忙しい。


家に帰ってからは、いつまでも起きていてスマホをいじったり、パソコンやテレビゲームで遊んでいたり。。。


、パソコンやテレビゲームで遊ぶこども


はっきり言って、眠りの質が上がる要素が全くありません

生活サイクルが夜型となりセロトニンが上手く分泌されない子供たち

それから、生活サイクルが夜型になってしまっため、朝の目覚めを促すはずの神経伝達物質ホルモンであるセロトニンが上手く分泌されないという原因が考えられます。


セロトニンは、精神を安定させる役割だけでなく睡眠ホルモンであるメラトニン生成の材料になるという重要な役割を持っています。


セロトニンとメラトニンは体内で生成される大切な物質であり、しかも睡眠に関わる非常に大切な脳内ホルモンです。

ここで、その関係性を整理してみましょう!


セロトニンとメラトニン

セロトニン・・朝分泌

朝、太陽光を浴びることなどで分泌される神経伝達物質。

精神や感情を安定させて、日中の覚醒を促したり、体温調節などにも関与しています。


メラトニン・・夜分泌

脳の松果体という部分でセロトニンから生成される脳内ホルモン。
朝起きて太陽の光が目に入ってから約14-15時間たたないと分泌されないという特性があります。

朝日をきちんと浴びることで夜になると分泌量が増え、睡眠を促してくれます。


起きれない子供


つまり、太陽の光を朝きっちり浴びることでセロトニンが分泌され、日が沈んだ夜に睡眠ホルモンのメラトニンも上手に分泌させることができます


しかし、セロトニンが上手く分泌されないと睡眠サイクルが乱れる原因になります。


従って、朝起きる時間には太陽の光をしっかり浴びて目覚められるようにすることが大切になります。

睡眠の質の乱れは学習能力低下にも影響する

実際、就寝時間が遅くなり、睡眠時間が短くなればなるほど子供の素行の乱れや学習能力が低下することも指摘されています。


塾に通っていながら睡眠不足で学習能力が低下しているなんでみもふたもありませんよね。


朝起きれない子供の原因としては一つには睡眠時無呼吸症による寝不足も考えられます。


子供が睡眠時無呼吸症かどうかを見分けるにはいくつかのポイントがありますので、心あたりがある場合には、サイト内の子供の睡眠時無呼吸症候群の危険性をチェックしてみてください。

子供の眠りの質を上げるための効果的な方法は?

そこで、子供の眠りの質を上げるための効果的な方法を紹介いたします。


就寝時間と起床時間を一定にする

 

夜眠くなる、朝起きるは体内時計で調整されています。


学校があるのに夜ふかししているとか朝寝坊しますし、または昼寝のしすぎは体内時計を乱すので注意が必要です。


昼寝のしすぎ


平日も休みも変わらずに同じ時刻に起床・就床する習慣を身につけさせることが大事です。

 

朝は太陽の光をきちんと浴びる

 

太陽光には体内時計を調整する働きがあります。


逆に、太陽の光に当たる時間が短くなると体内時計をつかさどるホルモンのセロトニンが減ってしまい、体内時計が狂うことがわかっています。


先程説明した通り、太陽の光を朝きっちり浴びることでセロトニンが分泌されます。その後約14時間後に眠くなると言われています。


、太陽の光を朝きっちり浴びる


つまり、早朝に光を浴びると夜寝つく時間も安定してくるので、睡眠時間も確保されんますし睡眠の質も上がるというわけです。

 

光で目覚める「光目覚まし時計」を使う

 

起きれない子供にも、きちんと太陽の光を浴びせれば良いのですが、朝が弱い子は暗い部屋のカーテンを開けても布団やベットにもぐりこんだままでなかなか起きることができません


また、昔のように障子張りのお部屋で寝ている子も少なく、洋室で寝ている子が多い住宅環境を考えると朝方に自然光を徐々に取り入れるということは結構難しいといえます。



そこで、オススメなのがinti4(インティ)という光目覚まし時計と呼ばれている目覚まし時計です。


睡眠改善インストラクターも推薦!

光目覚まし時計inti4(インティ)


この光目覚まし時計は、朝、自然に太陽光を浴びるのと同様な体内時計を調節してくれる効果を期待できる目覚まし時計です。


起きる時間の前にセットし、起床時に5分〜30分間に光を当てるだけでOKです。


nti4(インティ)


光の加減もその間に徐々に強まっていきますので、ストレスもありません。

光という人がもつ体内時計に科学的に働きかけることで目覚めの合図をしっかり脳に届けることができます


nti4(インティ)の明かり

光目覚まし時計inti4(インティ)


これなら就寝から起床まので睡眠サイクルを無理なくフォローしてくれそうですね。


もちろん、アラーム機能もついているので光だけでは不安というお母さんも安心できます。

 

サイトの体験談にもありますが、乳幼児や朝寝坊のひどい受験生の子供まで効果を発揮しているようです。

 


楽天1位の最強の光目覚まし時計とは


 

実際、楽天の目覚まし時計ランキングでも1位になったこともあり、「めざましテレビ」や「スッキリ!!」などのテレビ番組などのメディアでも取り上げられています。


さらに、「日経トレンディー」「an・an」などの有名雑誌などたくさん紹介されてとても注目されている「光目覚まし時計」なのです。


(※参考「めざましテレビ」でリポーターが「光目覚まし時計」を体験している動画です。)

 

光目覚まし時計inti4(インティ) 公式ページ

屋外の太陽光は、曇りでも10,000ルクス以上ある!

朝、体内時計を調整するために光を浴びるといいと言われていますが、その明るさは「2,500ルクス以上」です。


これはどれくらいの明るさなのかというと、実はちょうど室内の窓際の明るさが2,500ルクス程度です。


ちなみに、晴れている日の屋外は20,000〜100,000ルクスもあります。

曇りの日でも10,000〜20,000ルクスあるとい言われています。


明るさ目安


実は、この光目覚まし時計inti4(インティ)は、太陽光と同等の20,000ルクスもの明るさがあるそうです。


太陽光同等の明るさで、自然で目覚めを促してくれるから忙しいお母さま方からも評判なのかもしれませんね。



光目覚まし時計inti4(インティ) 公式ページ

子供へは良質な睡眠と快適な朝を迎えかれるような配慮を

眠りが十分取れないことは子供の心身はかなりのストレスを受けてしまいます。


また、体内時計の乱れは、子供の発育や成長ホルモンにまで影響してくると専門家も指摘しています。

塾や勉強、習い事ももちろん大切ですが、快適な睡眠リズムはもっと大切です。


「寝る子は育つ」と昔からいうように、子供には良質な睡眠と快適な朝を迎えかれるようにしっかりサポートしてあげることがやはり親の努めですよね。

スポンサーリンク