疲れや体調不良の原因になる寝不足解消!夏の寝苦しさや睡眠の質を改善する6つのおススメ方法をご紹介。

スポンサーリンク

夏の寝苦しさや睡眠の質を改善する方法

今年の夏も暑いですよね!

 

7月は雨の日や涼しい日が続いたので、エアコンつけないで済むから電気代が浮いて助かると思っていました。

 

ところが、一旦梅雨があけると連日の猛暑・

 

ひえー!

 

睡眠時無呼吸症候群の人はもちろんそうでない人も、睡眠不足は、疲れや体調不良、ストレス、病気の原因となります。

 

睡眠不足

 

加えて、暑いからと言って冷たいものばかり飲んでいると胃腸の機能が低下し、夏バテの原因にもなりますよね。

 

なので、暑苦しい中でもしっかり睡眠をとることが大切です。

 

そこで、寝不足解消!夏の寝苦しさや睡眠の質を改善する6つのおススメ方法をご紹介したいと思います。

寝不足解消〜お風呂に入る

暑い夏こそお風呂に入ることをお勧めします。

 

入浴のリラックス効果で、自律神経の副交感神経が優位となり緊張がほぐれ、血管が広がり血行がよくなります。

 

暑い夏こそお風呂に入る

 

すると、冷房に当り過ぎた体の「むくみ」や「冷え」の改善にもつながります

 

夏でもシャワーだけで済ませずに、のんびりとお風呂につかって、疲れた体や気分もすっきりリラックスしたいですよね!

 

また、就寝前の行水もおススメします。

 

目が覚めるのでは?という意見もありますが、体温も下がり、汗でべとつく体がさっぱりすることで眠り易くなりますよね。



寝不足解消〜保冷剤やアイスノンを枕に活用

昔から頭寒足熱というように、頭が首周りが涼しいと眠りやすくなります。

 

そこで活用したいのが、保冷剤やアイスノンなどを使って頭や首を冷やすことです。

 

保冷剤やアイスノンなどを使って頭や首を冷やす

 

枕にタオルを挟んで頭を乗せると、冷たくてとっても気持ちいいですね!

 

寝苦しい夜にはピッタリです。

寝不足解消〜扇風機に保冷剤をつけて涼しさアップ

これはネットなどでおススメしている方も多いですよね。

 

扇風機に保冷剤をつけて涼しさアップ

 

扇風機の風だけでなく、ファンの前後にカゴをひっかけて保冷剤を置くダケ!

 

どこまで室温が下がるか検証はしていませんが、見た目も涼しいですね〜

 

面倒な人はもちろん扇風機のみでOKです。

 



寝不足解消〜眠くなったら昼寝をする!

実は、昼寝が一番手っ取り早い寝不足解消法ですね。

 

寝転がることが出来る方は、ごろり横になって目をつぶるだけでも疲労回復に繋がります。

 

眠くなったら昼寝をする!

 

寝ることなんてできないと言う方も、食後の20-30分でも良いので机に伏せて仮眠を取ることをお勧めします。

 

ちょっとの時間でもスッキリすること間違いなしですよね!

窓を全開にして裸で寝る

これも自分で実践している方法です。

 

裸で寝る

 

お住まいや生活環境によって出来る出来ないがあると思いますし、女性の一人暮らしの方などは物騒過ぎておススメしません。

 

ただ、寝室も窓を全開にして自然の風に触れて眠るのはとても心地良いです。

 

真っ裸は気になるという方は、大き目のバスタオル一枚だけ掛けるというのも良いですよね。

 



寝る前にはコップ一杯のお水を飲むこともおススメ

もちろん、こんなんじゃダメ!

 

クーラーつけぱなしでないと眠れないという方も多いと思います。

 

私の場合エアコンの冷房に一晩中あたっていると体が逆に怠くなってしまうので、寝るときは必ずとめて寝ています。

 

特に、睡眠時無呼吸症候群の人は口を開けて寝がちなので、喉の乾燥に注意ですね!

 

夏風邪の原因にもなりますので!

 

昼寝

 

以上、おススメの寝不足解消法をご紹介しました。

 

クーラーあるなし、扇風機の好き嫌いなどがあるので人ぞれぞれなので寝やすい方法を工夫してみると良いですよね。

 

くれぐれも電気代をケチって、熱中症にならないように!

 

寝る前と寝起きに、コップ一杯のお水を飲むことも忘れずに!

スポンサーリンク