口蓋垂(こうがいすい)は睡眠時無呼吸症候群の効果的治療法です。

スポンサーリンク

睡眠時無呼吸症の治療〜口蓋垂(こうがいすい)

いわゆる扁桃の口蓋垂(こうがいすい)いわゆる喉ち○こを切除して気道を広げ確保する手術です。

通常はレーザーなどを使用して咽頭部を焼いて切除するのでしばらく激しい痛みが続くそうです。


ただ、以前よりいびきの緩和目的にて施術されていたようですが、無呼吸症候群に対する治療効果を疑問視する医者も多いようです。

痛い割に効果が薄いと結構つらいですよね。

 

(Beforeイメージ)
咽頭部切除前

 

(Afterイメージ)
咽頭部切除後

 

その他に、口蓋垂軟口蓋咽頭形成術というものがあります。(読み方難しいですね。)


これは、口蓋垂(こうがいすい)だけでなく、周辺の軟口蓋(なんこうがい)口蓋扁桃(こうがいへんとう)なども切除してしまう施術です。

 

口蓋垂軟口蓋咽頭形成術
金額も200,000円以上掛かりますし、全身麻酔を施して実施する大掛かりな手術のため約10日間程度の入院が必要になってくるそうです。


手術の結果として半数以上はいびきも睡眠時無呼吸も改善するといわれますが、傷が治るまで激しい痛みがあったり、術後に水を飲み込むと鼻から逆流しやすくなることがありうるそうです。


肥満の人

 

また、肥満体型の方は効果が出にくいなどの報告もあります。


切除手術をするしないは素人が勝手に鵜呑みにせず、ご自分の症状や体型など含めて専門家の意見を聞いたりセカンドオピニオンなども利用して判断した方が良さそうです。

スポンサーリンク